2017/09/01

「みんなで幸せ経営」研究会とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「みんなで幸せ経営」研究会とは?

本研究会の名称、目的、目標

<研究会の名称>

「みんなで幸せでい続ける経営」研究会
「みんなで幸せ経営」研究会(省略)

<研究会の目的>

「みんなで幸せでい続ける経営」を大企業が実践するようになること

<研究会の目標>

1) 「みんなで幸せでい続ける経営」が経営の在り方の1つとして定着するための仮説を構築する
2) その仮説の実践と成果の検証を行うことで「幸せ」研究と経営の現場の橋渡しをする

<研究会が目指す成果>

1)「みんなで幸せでい続ける経営」の内容を深め、自分事として落とし込む

2)会員企業各社において「みんなで幸せ経営推進プロジェクト/チーム」を立ち上げるなどして、その活動を研究会で報告し、互いに支援しあう

3)会員企業各社において「CHO(Chief Happiness Officer)」を設置するなどして、「幸せ経営」の定着を目指す

4)「みんなで幸せでい続ける経営」を各社の現場で実践するための具体的な施策を立案・実施し、その成果を検証・分析する

5)これらの活動の成果をまとめ、対外発信を行う(社名公表可能な社のみ)

関連記事

運営者紹介

前野 隆司(共同代表:研究担当) 慶應義塾大学大学院 システムデザインマネジメント研究科 教授 研究

記事の続きを読む

コメントを残す

*

CAPTCHA